2016年3月20日大阪シンポジウム 「えん罪救済の新たな幕開け」


イノセンス・プロジェクト(Innocence Project)は、えん罪を訴える人々を無償で支援するアメリカ発祥の団体です。2016年4月には日本版のイノセンス・プロジェクトとして「えん罪救済センター」(Innocence Project Japan) が立命館大学を中心に始動します。
 本シンポジウムでは「えん罪救済」というテーマで、日本とアメリカの現状に関する報告から、新たなえん罪救済について考えます(シンポジウム終了後には懇親会もあります)。
 みなさま奮ってご参加ください。

※ シンポジウム、懇親会ともに要事前申込み
(申込み締切り:2016年3月10日



● 開催日時: 2016年20(日)  午後時~午後
   (〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 JR茨木駅より徒歩で約10分

開催内容:(同時通訳がつきます)

オープニング

1. オープニング挨拶


第一部えん罪救済の理論

2. 講演1:アメリカにおけるえん罪原因と司法の諸問題 ブランドン・L・ギャレット氏(バージニア大学)

3. 指定討論

  浜田寿美男氏(立命館大学)、今村核氏(第二東京弁護士会)、指宿信氏(成城大学)

(休憩)


第二部えん罪救済の実践

4. 講演2:アメリカにおけるイノセンス・プロジェクトの役割と現状 ジャスティン・ブルックス氏(カリフォルニア・ウェスタン法科大学院)

5. 講演3:日本におけるイノセンス・プロジェクト~えん罪救済センターの役割と展望 稲葉光行氏(立命館大学)

6. 講演4:東住吉事件におけるえん罪救済の実践 竹下政行氏(大阪弁護士会)

(休憩)

7. パネルディスカッション:えん罪救済の実践

  司会:笹倉香奈氏(甲南大学)

  パネリスト:野平康博氏(鹿児島県弁護士会)、後藤貞人氏(大阪弁護士会)、佐藤博史氏(第二東京弁護士会)、ブランドン・L・ギャレット氏(バージニア大学)、ジャスティン・ブルックス氏(カリフォルニア・ウェスタン法科大学院)

8. 指定討論:日本イノセンス・プロジェクトへの期待

  マーク・ゴッドシー氏(イノセンス・ネットワーク国際委員会共同議長)、遠山大輔氏(京都弁護士会)、福島至氏(龍谷大学)


クロージング

9. クロージング挨拶(終了後、会場近くにて懇親会)


シンポジウム参加費 無料
懇親会参加費     3000円
※ シンポジウム、懇親会ともに要事前申込み
(申込み締切り:2016年3月10日

【主催】
 ●日本版イノセンス・プロジェクト準備室(えん罪救済センター)
【共催】
 ●立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)「文理融合による法心理・司法臨床研究拠点(法心理・司法臨床センター)」
 ●立命館大学人間科学研究所・文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」
 ●龍谷大学矯正・保護総合センター
【後援】
 ●日本弁護士連合会
【協賛】
 ●近畿弁護士会連合会
 ●奈良弁護士会
 ●大阪弁護士会




■ 参加申込み、問合せ先 ■(事務局:日本版イノセンス・プロジェクト準備室)
 Fax、郵送の場合 上記のチラシをダウンロードして「申込書」に必要事項をご記入の上お申込みください
 E-mailの場合 お申込みのシンポジウム名、お名前(フリガナ)、ご連絡先および、シンポジウム、懇親会のいずれの申込みであるかを明記の上お申込みください
【申込み締切り】2016年3月10日まで

 ● 住所  〒603-8577 京都府京都市北区等持院北町56-1 立命館大学 衣笠リサーチオフィス(R-GIRO)日本版イノセンス・プロジェクト準備室
 ● メール ipj2015@outlook.com
 ● 電話/Fax 075-466-3362
Comments